働く女性サポート

毎日パワフルに楽しむ!薬剤師ワーママが実践する健康術☆

長いGWが終わり、日常生活が戻ってきましたね。
4月から新生活が始まり、参観日にPTA委員決めに、慌ただしい毎日を送っているママも多いのではないでしょうか。
初めてのことが続き、ちょっとお疲れ気味…。仕事復帰してから、仕事と育児でクタクタ … … 。

そんなあなたに、働くママ歴10年の薬剤師より簡単に取り入れられるヒントを4回に渡ってお届けします。

1回目は、「忙しい毎日でも簡単に実践できる健康ヒントVer.1(睡眠、食事)」です。

目次

  1. 忙しい毎日でも簡単に実践できる健康ヒントVer.1(睡眠、食事)→今回はこちら☆
  2. 忙しい毎日でも簡単に実践できる健康ヒントVer.2(自然に触れる、ワクワクの予定、ひとり時間)
  3. 追われる生活から追う生活へ!(手帳はあなたにとって最高のマネージャー)
  4. なりたい未来をイメージしよう!(ビジョンボードのすすめ)

まずはしっかりと身体を休めよう!

みなさんは何時に寝ていますか?

こども達を寝かしつけてから、洗濯物を畳んだり夕食の後片付けをしたり、家事に忙しいという方も多いかもしれませんね。
夜更かしのせいで寝不足になり、翌日ぼーっとして辛いという方もいらっしゃると思います。

そんな時には、こどもと一緒に早く寝て、家事は朝にやるのがおすすめ!
同じ家事でも、朝にやるのと夜眠たい時にやるのでは、全然作業スピードが違うのです。

しっかり睡眠をとったら、頭もクリアで、ポジティブな考えがポンポンと出てきます。

疲れがたまっているな~と思ったら、まずは早く寝ること!
簡単なことですが、本当におすすめです。

ちなみに、最適な睡眠時間は約7時間だそうですよ^^

野菜たっぷりみそ汁で栄養チャージ!

食事作り、毎日の献立を考えるのも大変ですよね。
平日はパターン化してしまうのがおすすめ!

例えば、野菜たっぷり具沢山みそ汁と玄米ごはん、
それにメインでお魚、お肉、卵などのタンパク質と、
野菜、納豆をプラスすれば、立派な定食が出来上がります。

野菜はブロッコリーやスナップエンドウを多めに茹でておいたり、
キャベツの千切りをストックしておいたりすると楽に準備できます。
洗ったらすぐに食べられるプチトマトも常に常備。

あとは、オメガ3含有量が多く、とっても体に良い油「アマニ油」を納豆やお野菜にひとかけすれば、バッチリです!

特におすすめなのが、野菜たっぷり具沢山みそ汁。
野菜嫌いなおこさんでも、みそ汁に入っている野菜だと食べてくれる場合が多いです。(我が家もそうです。)
きのこ、わかめ、野菜をたくさん入れて、大豆の栄養がたっぷり詰まったみそを溶いたら、栄養満点!
腸がきれいになると、免疫力があがり、風邪やアレルギーの防止にも効果的です。

ちなみに、我が家はみそ汁用の野菜セットとして、野菜を多めに切ってポリ袋に入れています。
朝起きたら、出汁パックとこの野菜セットとお水をお鍋に入れて、グツグツ煮ておきます。

朝の準備をする間に、お米を炊く準備をして、みそ汁を仕込んでおけば、帰宅後にお肉でも焼いて、味噌を入れてみそ汁を完成させれば、あっという間にご飯の準備完了です。

我が家は毎年こども達とみそ作りをしているので、自家製みそを毎日食べる時間はとても幸せな時間です。また記事にしたいと思います。

まとめ

新しい環境に慣れるまで、親も子も精神的にストレスがかかりやすいと思いますが、しっかり寝て、良質なご飯を食べて、毎日元気に過ごせますように!

(参考)JACC 「睡眠時間と死亡との関係」https://publichealth.med.hokudai.ac.jp/jacc/reports/tamaa1/index.html

by
2人の小学生を育てながら働くワーキングマザー 【My Vision】 ◎ママが笑顔で働き続けられる社会にする! ◎女性がライフステージを上がっても、自分の好きなこと得意なことを活かして、ライフワークを出来る社会にする♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です