働く女性サポート

令和♡新元号決定に思うこと

ついに、新元号が発表!

大好きな京都 清水寺の梅


出典は万葉集の「梅花の歌三十二首」の序文 から引用されたそうですね。

「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、

梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす」


初春、梅の花が昔から大好きなので、嬉しいです。

京都 北野天満宮の梅

安部首相はこのように新元号へ込めた想いをかたっていらっしゃいます。

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」

「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込め、『令和』に決定した」

一人ひとりの花を大きく咲かせながら、
和をもって、みんなで協働しながら良い時代にしていきたいですね。

by
2人の小学生を育てながら働くワーキングマザー 【My Vision】 ◎ママが笑顔で働き続けられる社会にする! ◎女性がライフステージを上がっても、自分の好きなこと得意なことを活かして、ライフワークを出来る社会にする♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です